入会手続き

  1. 1. 会員規約への同意
  2. 2. 会員情報の入力
  3. 3. 入力内容の確認
  4. 4. 登録完了とお振込み

1. 会員規約への同意

このBNCオンラインは、BNC Consortiumの認可を受け、ネットアドバンス社によって運用、提供されるBNCのオンライン検索サービスです。小学館が開発したコーパス検索ソフトSAKURA(日本語インターフェース)による、BNCのオンライン検索がご利用になれます。

小学館コーパスネットワーク BNC Onlineサービス 会員規約

本会員規約(本会員規約に付随する規程も含む)は、株式会社ネットアドバンス(以下「当社」という)が運営・提供するBNC Onlineサービス(以下「本サービス」という)をご利用いただく際の条件を規定するものです。この会員規約は、本サービスの利用者(以下「会員」という)すべてに適用され、会員はこの会員規約の内容に同意なく本サービスを利用することはできません。

第1条(会員登録・変更・抹消)

  1. 会員は、本会員規約に同意の上、当社所定の手続に従って会員登録を行い、その完了後、ユーザーIDおよびパスワードを利用して本サービスを利用することができます。
  2. 以下の場合には、会員登録を拒否し、会員登録承認後であっても会員登録を抹消することがあります。
    • (1) 会員登録の際に虚偽の入力、誤記、記入漏れがあった場合
    • (2) 過去に本会員規約違反を行ったことがある場合
    • (3) 本サービスの停止措置を受けまたはかつて会員登録の抹消措置を受けたことがある場合
    • (4) 入会者が単独で法律行為ができない者であって、後見人等の同意を得ていない場合
    • (5) その他、当社が本サービスの提供を行うことが不適切であると判断した場合
  3. 会員は、住所その他の登録事項に変更があった場合には、すみやかに当社にこれを届け出るものとします。ただし、氏名ないし社名の変更があった場合、会員がその後も本サービスを継続利用するには、当社の承認が必要になります。変更の届出がなかったことにより会員が損害を被った場合でも、当社は一切責任を負いません。
  4. 会員が、会員登録の抹消を希望する場合、会員は、会員登録を抹消する旨を当社の問い合わせ窓口メールアドレス(scn@japanknowledge.com)に通知します。会員登録の抹消の通知がなかったことにより会員が損害を被った場合でも、当社は一切責任を負いません。

第2条(利用料金)

  1. 会員は、本サービス利用の対価として別途定められた本サービスの利用料金を、当社に対し支払うものとします。
  2. 当社は、第7条第3項により本サービスを終了する場合を除き、支払われた利用料金を一切返還しません。

第3条(IDおよびパスワードの管理および使用)

  1. 会員は、IDおよびパスワードの管理および使用について、一切の責任を負います。
  2. 当社が会員に発行するIDおよびパスワードは、1同時アクセス数をお申し込みの場合は当該会員のみ、複数の同時アクセス数をお申し込みの場合は当該会員および当該会員が代表する他の利用者のみが使用することができます。会員および会員が代表する他の利用者は、これを第三者に使用させ、または第三者への譲渡その他の処分を行うことはできません。
  3. 会員は、会員自身あるいは会員が代表する他のID利用者がパスワードを失念した場合、速やかにパスワードの再設定を行わなければなりません。IDおよびパスワードの第三者による無断使用その他の理由によりIDおよびパスワードを変更する必要がある旨、会員が当社の問い合わせ窓口メールアドレス(scn@japanknowledge.com)に申請した場合、当社は、会員に付与したIDおよびパスワードを無効とし、新たなIDおよびパスワードを付与します。この申請は会員のみによってなされ、会員が代表する他のID利用者がこれを行うことはできません。
  4. 会員自身あるいは会員が代表する他のID利用者によるによるパスワードの失念、IDおよびパスワードの使用上の過誤、管理不十分または第三者による不正使用等により会員が損害を被った場合でも、当社は一切責任を負いません。

第4条(設備等)

  1. 会員は、本サービスを利用するために必要な通信機器、ソフトウェア、通信回線その他すべての機器設備および電気通信サービスを、自己の責任および費用をもって準備し設置します。

第5条(禁止事項)

  1. 会員、および会員が代表する他のID利用者は、本サービスの利用に関して、以下の行為を行ってはなりません。
    • (1) 本サービスにより入手したコンテンツを不正の目的もしくは営利目的で利用する行為
    • (2) 本サービスにより入手したコンテンツを第三者に利用させる行為
    • (3) 当社または当社のライセンサーその他第三者の著作権、商標権等の知的財産権を侵害する行為またはそのおそれのある行為
    • (4) 当社または第三者の財産、プライバシーその他の権利を侵害する行為またはそのおそれのある行為
    • (5) 差別に関する行為、品性を損なう行為その他公序良俗に違反する行為またはそのおそれのある行為
    • (6) なりすまし等、IDまたはパスワードの不正使用行為またはこれに協力する行為
    • (7) 詐欺その他犯罪にあたる行為またはそのおそれのある行為
    • (8) コンピュータウイルス等の送信、ジャンクメールの送信、ハッキング等、本サービスの運営を妨げる行為またはそのおそれのある行為
    • (9) 当社および第三者の名誉・信用を毀損しもしくは侮辱する行為またはそのおそれのある行為
    • (10) 選挙活動、営利活動、営利を目的とした行為
    • (11) 上記の他、法令または本会員規約に違反する行為
    • (12) その他、当社が不適当と判断する行為
  2. 会員は、会員自身および会員が代表する他のID利用者の、これらの行為に関する一切の責任を負います。
  3. 会員もしくは会員が代表する他のID利用者が、第1項に定める行為を行った場合には、当社は、当該行為を停止するために必要な措置をとるとともに、会員に対する警告、本サービスの利用停止その他の必要な措置をとることができます。この場合、当社は、これらの措置をとることなくかつ会員に対する事前の通知または催告なく、会員登録を抹消できます。

第6条(サービスに対する保証)

  1. 元データの誤りや入力ミスなどの理由を問わず、当社は、本サービスにより提供されるデータの正確性、最新性、有用性、適合性、信頼性等について一切保証しません。
  2. 本サービスにより提供されるデータは、通信機器、ソフトウェア、通信回線その他の機器設備によっては正確に表示されないことがありますが、当社は、これについて一切責任を負いません。
  3. 会員もしくは会員が代表する他のID利用者が本サービスを利用したことにより生じた損害、または会員もしくは会員が代表する他のID利用者が本サービスを利用できなかったことにより生じた損害について、当社に責めがある場合を除き当社は一切責任を負いません。

第7条(本サービスの変更・中断・終了)

  1. 当社は、会員への予告を行った上で、本サービスの内容を随時追加、改廃その他の方法で変更することができます。
  2. 当社は、本サービスのシステムの保守点検、不測の事態その他の理由により、会員への予告なく、本サービスの提供を一時的に中断することができます。
  3. 当社は、本サービス上で3か月前までに告知した上、本サービスを終了することができます。ただし、会員が本サービス終了までの料金をすでに支払っていた場合には、当社は、会員に対し遅滞なく清算し返金するものとします。清算の方法は月割り計算となります。返金の必要性が発生した場合、当社は、会員に対してメールで連絡しますが、登録されたメールアドレス等に連絡できない場合または会員から当社に対して回答がない場合など、当社の責めに帰すべからざる理由により返金できない場合は、本サービス終了の日から1年の経過により当社の返金義務は消滅します。
  4. 本サービスの変更・中断・終了により会員に生じた損害につき、当社に責めがある場合を除き、当社は一切責任を負いません。

第8条(個人情報)

  1. 当社は、以下の場合を除き、会員の通信履歴を含むその他の個人情報を、本サービスの提供以外の目的に使用せず、また、第三者に開示・提供しないものとします。
    • (1) 当社の業務の広告宣伝のための電子メール等を送付する場合
    • (2) 当該個人を特定できない方法にて開示・提供する場合
    • (3) 法令その他公的機関の処分に基づき開示が必要となる場合
    • (4) 当該個人の事前の承諾を得た場合
  2. 会員は、前項(1)の場合において、当社に申し出ることにより、電子メール等の送付を中止させることができます。
  3. 当社は、会員から当該会員の個人情報の照会、修正を希望する旨の連絡があった場合、合理的な範囲内で速やかに対応します。

第9条(本会員規約の変更)

  1. 当社は、会員に対する予告を行った上で、本会員規約及び別途定める利用料金を変更することができます。
  2. 前項の変更は、別途当社が定める場合を除き、本サービスを提供するホームページに掲載された時点から効力を生じ、以後変更後の会員規約が適用されます。
  3. 本会員規約の変更が効力を生じた後に、会員が本サービスを利用したときには、会員は変更後の会員規約を承諾したものとみなします。

第10条(契約期間)

  1. 本サービス提供の契約期間は、本サービス開始の日から、本サービス開始の日に最も近い3月31日までとします。

第11条(その他)

  1. 本サービスおよび本サービスにおいて提供するコンテンツに対する著作権その他一切の知的財産権は、当社または当社のライセンサーに帰属します。
  2. 会員は、当社の事前の書面による承諾なく、本会員規約に基づく権利もしくは義務または契約上の地位を第三者に譲渡してはなりません。
  3. 法令の規定に従い、当社に故意または重大な過失がある場合を除き、当社が本サービスの提供によって会員に生じた損害について責任を負う場合であっても、その損害賠償の範囲は、会員が損害発生前12ヶ月間に支払った利用料金の合計額を上限とします。ただし、会員の利用期間が1年に満たない場合には、実際の利用期間に対応する利用料金を上限とします。
  4. 会員に対する通知は、登録されたメールアドレスあてにメールを送信する方法により行います。会員が登録事項の変更を懈怠した等、当社の責めに帰すべからざる理由により通知が到達しなかった場合であっても、当社の発信により当該通知は到達したものとみなします。
  5. 本会員規約の成立、効力および解釈については、日本法を準拠法とします。
  6. 本会員規約に関する一切の紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。本会員規約は、2011年6月1日から実施します。

附則

    本会員規約は、2018年4月1日から実施します。

PERC Corpus 使用ライセンス契約

本ライセンス契約はProfessional English Research Consortium(以下「PERC」)とあなた(以下「ライセンス取得者」)との間で締結されるものである。
PERCは、テキスト提供者によって許諾を得た、あるいは合法的に収集したさまざまな出版物のテキストを含むコーパスを制作し、一方、ライセンス取得者は、本規約で詳細に規定される利用方法に則って、そのコーパスを使用する非排他的な権利取得を求める、学術団体もしくは民間団体における研究者、あるいはそれらの団体であるものとする。ここに、以下のとおり、両者の間で合意がなされるものとする。

第1条(定義)

  • (a) "PERC Texts"とは、コンピュータに保存され、言語に関する研究開発用に選定された、書き言葉のテキストのことである。
  • (b) "PERC Processed Material"とは、PERCによって一定の電子フォーマットの形にまとめられ、統辞上の、かつ[あるいは]意味上の注釈を賦与されたPERC Textsのことである。
  • (c) "The Licensee's Results"とは、研究の過程で、ライセンス取得者が行った作業の結果のことである。

第2条(ライセンス取得者に賦与されるライセンスの条件)

  • (a) PERCは本規約に記載された条件に基づき、ライセンス取得者に対し、言語学上の研究、かつ[あるいは]言語学に関する成果物を開発するために、インターネットを介してPERC Processed Materialを使用する許諾を与える。この使用権は非独占的なものであり、譲渡することはできない。
  • (b) 以下の例外を除き、ライセンス取得者の手によるResultsの利用に関する制限はないものとする。即ち、ライセンス取得者は、著作権法で認められているfair dealing(公正な利用)以外のいかなるPERC Processed Materialの抜粋も、活字あるいは電子形態で出版してはならず、あるいは、いかなる形態においても商業利用してはならない。
  • (c) PERCは、PERC Textsの複製、あるいはPERC Textsの全部もしくは部分の、商業製品あるいは商業サービスへのいかなる利用権も、著作権法のfair dealing条項で認められている様態を除いてはライセンス取得者に与えるものではない。

第3条(合意の期間)

この合意の契約期間は、契約日から最も近い3月31日までとする。

第4条(責任の限界)

  • (a) PERCは、PERC Processed Materialがどのような特定の目的に対しても、あるいはどのような特定の条件のもとにおける利用に対しても適合することを保証しない。
  • (b) PERCは、PERC Processed Materialのどのような技術上の限界に対しても責任を負うことはない。
  • (c) PERCは、PERC Processed Materialとともに供されるソフトウェアのいずれにおいても、その操作が途中で終了したり、誤作動を起こすことがないことを保証しない。
  • (d) PERCは、たとえそのような損失があらかじめ予見できたとしても、ライセンス取得者が蒙った利益や信用の損失、あるいはそれに伴うあらゆる損失に対し、どのような場合であろうとも責任を負うことはない。
  • (e) PERCは、PERC、その雇用者、代理人、あるいはその下請け契約者の過失に起因するライセンス取得者の有形資産への損害に関し、いっさいの責任を持たない。

第5条(権利の保持)

この契約においてもライセンス所有者に賦与されていない著作権を含む、PERC Processed Materialにおけるあらゆる権利は、Text Providerが保有するものとする。

第6条(契約の終了)

  • (a) PERCはライセンス取得者が本契約に対する重大な違反を犯した場合は、ただちにライセンスを取り消すことができる。
  • (b) 監督者、管財人、財産保全管理人、あるいは抵当権者が、ライセンス取得者の財産の全部またはその多くを所有するか、あるいは管理者に指定された場合、もしくは、ライセンス取得者が債権者と協定を結んだ場合は、自動的にライセンスは取り消されるものとする。
  • (c) 本契約のうち、第4条、第5条、第6条(b)項、および第7条は、本契約の終了後も存続し、有効であるものとする。

第7条(裁判の管轄)

これらの条項は日本国の法律によって支配され、東京地方裁判所を専属的合意管轄裁判所とする。

頭 書

本文書の条項に先立つ頭書は参考のためのみにあり、本契約書の構成としては考慮に入れられるべきものではない。

(2018年8月18日現在)